Lucky bird Journey

アクセスカウンタ

zoom RSS 雨の恵み

<<   作成日時 : 2008/06/22 01:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 45

梅雨らしい空模様になってきましたね


今日は
一度もお日さまを見ることもなく
朝からどんより曇っています


さっきから
雷がゴロゴロと鳴り出し
しとしと雨も降っています


蒸し暑くて
湿気がまとわり着くような
不快指数が

           

一気に上昇!!

 

でもこの雨の恵みに
喜んでいるものたちも・・・

画像

規則正しく並んだ
ツタの葉っぱたち・・・


この雨で
葉っぱたちも
ぐんぐんと
伸びていくんでしょうね



雨は嫌だけど
水は生きていくための命の源

画像

雨の恵みを受けて・・・

もっともっと

大きくなぁ〜れ



      




    ○○○に入る言葉     


突然ですが・・・
ちょっと質問です!



“ 生きていくことって ○○○ だな〜 ”



○○○ の中に
どんな言葉が思い浮かびましたか?



唐突な質問からの始まりでしたが・・・





生死をさまよった患者さんから
「何で私死なれんかったんやろう?」と
唐突な質問をされました





その患者さんは
脳梗塞で意識不明のまま
うちの病院に運ばれてきた80代半ばの女性のキヌさん(仮名)



幸い
一命を取り留め
意識もうろうとしていたけど
主治医からリハビリ開始の指示があったのは
ちょうど2ヶ月前・・・





初めて病室を訪れた日
キヌさんは点滴をされ
全身の力が抜けたように
ぐた〜と寝ていました


キヌさんの意識状態を診ようと
「お名前は?」
「お誕生日はいつですか?」
といろいろ話しかけたり
身体を揺らしましたが
わずかなうなずきがあっただけで
目を開ける気配は全くありませんでした




そんなキヌさんでしたが
今では
動作面では手足が動くようになり
日常生活に支障のない程度までに
認知面に関しては病前ほどまで
(もしかしてそれ以上かも?!)
に回復されました



今日キヌさんが突然こんなことを言い出しました


「あの時
(脳梗塞を発症したとき)
何で私死なれんかったやろう・・・
って思うねん」



「何でそんなこと言うはるんですか?」


「だってやでぇ〜

お父さん(キヌさんの旦那さま)も見送って
主人のお母さんも見送って
息子たちも立派に育ててええ仕事にも就いて
もう定年を迎えてんで〜

やることやったと思わんか?

それやのに
神様はまだ逝かせてくれはれへんねん

何でや思う?」



「まだその時(この世を去る時)じゃないからでしょう?」


「まぁ〜そうやけど・・・

あのなぁ〜
生きてるってことはなぁ〜
この世にまだせなあかんことが
残っているからやねんて・・・

でもやでぇ〜
あと何残ってるんやろうか・・・?」



「キヌさんはこの世で役目が終わったと思っていても
まだキヌさんを必要としている人がいるんとちゃいますか?」



「そうなんかな〜
私大概苦労してきたえ
まだ何かせなあかんのか?」



「残念ながらそうちゃいますか?

そんな悲しいこと言わんと
長生きしてくださいよぉ〜

そんなん言ってるうちはお迎えなんてきませんよ〜」




なぁ〜んて
明るく振舞いはしたけど・・・


唐突にそんなディープな質問をされ
正直・・・戸惑ってしまいました

それに
『長生きしてください』なんて
なんともまあ無責任な言葉をかけてしまったのかしら
とちょっと自己嫌悪・・・



でも・・・
何で自己嫌悪に陥るの???



やっぱり
このお仕事に就いて
お歳を召したさまざまな方と
接する機会が多くなったからかな・・・?

その多くの方々は
「長生きなんてするもんじゃないわ・・・」
と言っておられます

それが本心から言っておられるのかどうかはわかりません



ワタシが接している多くの方々は
何がしら病気を抱えている方々で
日々の生活に必死になっているタイプか
ただじっと時間が過ぎるのを待っているだけの無気力タイプの
両極端です



だからかな・・・
自己嫌悪に陥ったのは・・・


それに
生きるって楽じゃないな〜と
つくづく思うようにもなりました




すべての方々が
そんなネガティブなことを考えているとも思いません

ただ
仕事柄
特殊な環境にいるってこともあり
偏った見方になってしまうのかもしれません・・・




昔は
長生きするってすごいな〜
なんて単純にそう思っていたし
今でも
長生きするってことは
とても素晴らしいことだと
頭のどこかで思っています




それに・・・



「はよ逝きたいわ」とか
「生きていくんは辛いわ」とか言いながらも
自分に危険が迫ると
ほとんどの方が
本能的に自分をかばう反射がとっさに出ています

それを見ると
何やかんや言いながらも
人間は本能的に生きようとしているんだな〜
って思います




やっぱり人間は
この世に生まれたからには人生を全うして
生きていくことの意義や素晴らしさを
見出そうとしているのかもしれませんね




その意義や素晴らしさを見つけ出せたのが
たとえ死ぬ間際の
その一瞬であったとしても・・・

何十年も生きた中での積み重なった辛さの重みと同等
もしくはそれ以上だと思うことが出来たのなら・・・

生きるっていうことは
言葉では言い尽くせない

“ものすごいもの”

なんだろうね・・・



それを人間は
本能的に感じていて
だから
何やかんや言いながらも
生きようとしているんでしょうかね?




生きていくことってなんだろう?

辛いことや悲しいことが
いっぱいいっぱいある
でも楽しいことも
いっぱいいっぱいある・・・
だからといって
喜怒哀楽の感情だけで語れないし
そう単純なものじゃない

もしかして
キヌさんの言うとおり
この人生において
「せなあかんこと」を
(自分に与えられた役目を)
しっかりとやり遂げないといけないのしら?

その前に・・・
人生の “役目” って何?
それにワタシに与えられた “役目” って何?

考えれば考えるほど
複雑怪奇ですなぁ〜


でも案外・・・


ワタシが考えているよりも
もっともっと単純なのかもしれないね・・・?!



やっぱり
よく分からん・・・!!


ふぅ〜

    

思わずため息が出てしまいました・・・ 



この歳で
生や死について
何度も考えさせられています・・・



ありがたいというのか
はたまた
迷惑というのか・・・



やっぱり迷惑かな

    

知りたくもないことを知ったり
複雑な思いに悩まされるから・・・ 



でもね
自分のこれからの人生や
自分の最期を考えたとき・・・

これから
どんな苦しく辛い人生が待っていたとしても
最期の一週間
いや3日間だけでも
楽しい日々を送ることが出来たらと思います

それだけで
この人生は楽しかったよ・・・と
今の性格がそのままなら
そう思うでしょうね






最後にまた
質問させてもらいます!



“ 生きていくことって ○○○ だな〜 ” 



○○○ の中に
どんな言葉が思い浮かびましたか?









テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(45件)

内 容 ニックネーム/日時
こんばん●ヘ(^エ^=) ニャァー
お答えします。
生きていくことって「オモロー」だな〜ダス(^^♪
「オモロー」は世界をそして地球を救うダス(^_^)v
「オモロー」はね、どんな薬や注射よりも良く効くのダスヽ(^o^)丿
人間を笑顔にさせるもの、それは「オモロー」以外にありません(*^^)v
オイラはいつも「オモロー」な事を考えていマウス。「オモロー」は、他人を笑顔にさせると同時に自分も笑顔にさせてくれます!(^^)!
人間の生きる価値や存在意義は、神様が決めるものダス。オイラ達が出来るのは、笑顔で毎日暮らす事ダス(^.^)
おばあちゃまの「せなあかん事」は、笑顔になる事、笑う事ダス(^O^)
とにかく笑えればエエねん、あははと笑えればエエねん!アハハッッッ
マーボウ
2008/06/22 01:48
生きていくことって ”喜び” です。
[生かされてる]って思えるほどは、なかな
か生きれません。
人間は考える葦・・・悩みはフツフツと湧き
出でて答えを考え続けると疲れます。
病と闘い続ける人生をどう思いますかと問わ
れても・・・答えようがありません。
自分は恵まれていると喜びを常に感謝します
るだけです。
ログの大好きな徳さん
2008/06/22 03:27
おはようございます。
ウチの嫁さんも同じ業界にいるので
似たような話はよく聞きます。
でも、そう言われる人は
大抵長生きだったりします(笑)。
因みにウチの母親も
脳梗塞で体が一部不自由ですが
口はかなり元気です(爆)。

僕はステキの3文字が入りました。

死のうとしている人に死ぬことを促すと、

あ〜死ぬかと思った〜。

って言葉が返ってくる小話を聞くと、
やっぱり人間は生きたいという
本能があると思います。

生きていると本当に
色んなことがありますけど、
感謝の気持ちを持って
一所懸命生きていきたいと
常日頃意識しております(^−^)。
と、建前はこうですが、
現実はあまり堅苦しく考えずに
楽しく過ごせればいいかななんて思ってます♪。

嬉し、楽し、幸せ。

もっと歳をとった時、
こんな風に思えるようになれたらいいな。
しまじろう
2008/06/22 06:42
ツタ・・・おもしろいアングルで切り取られていますね,いつもながら感心しています。
三文字は「不・思・議」にしておきます。
まっすぐ向き合っていない答えのようですが,まだぼくには答えられないっていうのが答えです。「思・案・中」
たろにゃん
2008/06/22 09:55
 今日は。
 簡単に殺人、自殺するニュースが多いから生きるを題材にしている人が眼につく。生きるのは期間限定、役割は神様が決めている。気がつくか否かの違い。授かったのだから、天命尽きるまで生きる考えが私。
珊底羅
2008/06/22 12:34
 生きるのは素敵。生死は別々に考えがちだけど、一本の線で繋がっている。
珊底羅
2008/06/22 12:50
こんにちは、今回の切り口はとても面白くまた難しく
考えました。
一つは生きるのはステキだなと考えます。これは、自分が悩んでいても、ブログなどで適切なアドバイスを指示してくれる人を持っている人。
一つは生きるのはクツウだなは、逆に相談できる人もいなく何をしてもうまくいかない人が書くと思います。
人生うまくいく時も、失敗する時も個人プレーで出来る範囲は限界があり、**協力者の力で乗り越える場面が
多い**ことを、ミイさんの問いかけに理解して回答しました。
相模原のカメラマン
2008/06/22 14:29
生きることって「試練」だな〜 と思います。
楽しいことばかりそんなにありません。
お婆さんは、やり残したことはないと言っておられますが、まだ病気と闘う試練があります。
人間は、この世に生を受けた時点で、死ぬ日が決まっていると聞きます。それまで病気と闘って欲しいです。それが人生全うだと思います。
あめでお
2008/06/22 15:49
生きていくことって、無意識だな〜 です

私位の年齢になると、日々頭や体の衰えを
感じて、人生の残り時間を考えることが多
くなりますね。でも、死ぬということに関
しては、まだ切実に考えたことはありませ
ん。
ところが最近、実姉が膵臓癌と診断され、
余命半年と言われました。
本人は勿論ですが、突然の死亡時期の宣告
は、私にとってもショックで、涙が止まり
ませんでした。
幸い、その後の検査で、深刻な癌ではなく
治療が可能な癌だと分かりました。
生きていくということは、良い事も辛い事
も様々ですが、それを特別意識することな
く、安穏と暮らせたら、最高です。
ともっぺ
2008/06/22 16:16
僕の思いつく言葉は、生きていくことって・・・「試練」だなぁ。でも、試練っていうと辛いことばかりのような響きがありますが、決してそれだけではないと思います。目標に向かって進むことも、目標を見失ったり捜し求めることも、挫折することも、達成して喜びを噛み締めることも・・・試練だと思います。この試練を楽しみたいものです。
てっちゃん
2008/06/22 16:17
生きるということ・・・
より質の高い遺伝子を、後世につなぐということが
本能的に生きる意味だと思います。
例えば、何かの力が故意にミイさんの事を歪めてしまい、おとしめて、そういう可能性を失くしたとしたら、悲しくないですか?

高齢の方は、死を悲しいこととは、感じていないようにも思います。

pale moon
2008/06/22 19:21
>“ 生きていくことって ○○○ だな〜 ” 
難しいですね。それぞれに違っていいと思うのですが、さて自分は?と問いかけてみると、これだという答えにまだ行き着いていないように思います。見つけながら生きていきます。
湖のほとりから・・・
2008/06/22 19:49
マーボウさん
こんばんわ
はははぁ〜
(≧∇≦)ノ彡 バンバン!
オモローね!!
マーボウさんらしいです・・・
そうやって笑って生きていくことって、とっても大切だし病気にもなりにくいと言われています
スマイルセラピーってのもあるしね^^
そうそう笑って生きていけたら最高ですね!!
ミイ
2008/06/22 20:02
ログの大好きな徳さん
こんばんわ
そうそう・・・この世に生きていることを喜ばないといけませんよね
生きたくても生きていけない人も沢山いるのだから・・・
何もかもが当たり前だと思いがちですが、何事も感謝することを忘れてはいけませんね^^;
ミイ
2008/06/22 20:05
しまじろうさん
こんばんわ
奥様も同じようなことを言ってましたか?
この歳でなんで生と死について考えなきゃいけないんだろう・・・と正直思いますがね
でも一番怖いのが、“死”に慣れてしまい何も感じなくなってしまうことです
先輩たちもそう言ってました

でも生きていくことってほんとはステキなことなんでしょう
一度きりの人生・・・楽しんでなんぼですよ!!
ミイ
2008/06/22 20:14
たろにゃんさん
こんばんわ
生きていくことって何だろう?って意識すること事態が不自然なのかもしれません
ワタシもこんな環境で仕事していなかったら、特に考えることもなかったかと思います
分からなくていいんですよね^^
ミイ
2008/06/22 20:16
珊底羅さん
こんばんわ
死に関する事件が多いからこの記事を書いたのではなく、たまたま昨日こんな話をされたから「生きていくことって何だろう?」って思ってUPしました
でも生と死は一本の線でつながっているっての・・・何となくそういう感じがします
妙に納得してしまいました・・・
ミイ
2008/06/22 20:22
相模原のカメラマン さん
こんばんわ
うんうんなるほど・・・
この答えは一つじゃないですよね
人生上手くいくときも失敗するときもあって、それが人生なのですから^^
ミイ
2008/06/22 20:27
あめでおさん
こんばんわ
この世に生まれてきて、人生を全うすることが一番の役目を果たしたってことなんでしょうね
キヌさんがもし本当にこれ以上生きたくないと思っていたらリハビリなんかしないですよね・・・
ミイ
2008/06/22 20:31
ともっぺさん
こんばんわ
そうそう“無意識”だよ〜
ワタシもちょっと前まではそう思っていました・・・
生きているってことって何?なんて考えたこともなければ、目の前に起きたことを笑いながら、または泣きながら乗り越えてきたように思います
>良い事も辛い事も様々ですが、それを特別意識することなく、安穏と暮らせたら、最高です
ほんとそれが最高ですね^^
お姉さま良かったですね・・・
ミイ
2008/06/22 20:41
てっちゃんさん
こんばんわ
てっちゃんさんのコメント・・・めちゃくちゃ納得させられます
生きていくことって試練だけど・・・決して辛いだけの試練じゃないんですよね・・・
一度きりの人生の、その試練を楽しめることができたらなおいいんだけどね^^
ミイ
2008/06/22 20:49
pale moon さん
こんばんわ
子孫を残す・・・
この世で生きていく中でこれも大切な役目だと思いますね・・・
>高齢の方は、死を悲しいこととは、感じていないようにも思います
うぅ〜ん
決してそうじゃないかもしれません
何やかんや言っても生に対して貪欲な人は貪欲ですし、死に対して恐れも感じていると思います
ただ年の功とも言うんでしょうかね・・・
ワタシたちに比べドシっと構えているようにも見えますが・・・
ミイ
2008/06/22 20:57
湖のほとりから・・・さん
こんばんわ
これから見つけますってのも全然構わないと思います
っていうかそれが普通なのかなって思います
ワタシは特殊な環境でのお仕事なので、普通の方はこんな歳から生きるって???なんて考えていないかと思います・・・
気軽に生きていけたらいいですよね^^
ミイ
2008/06/22 21:12
こんばんは。
おもしろいアングルでツタを撮っていますね。新鮮な感じがします。

うーん、これは難しい問いかけですね。
私の場合、やりたいことがまだたくさんあるし、「これから」です。日々スタートラインに立って「これから」と思って生きたいです。
「やらなければいけないこと」のためではなく「やりたいこと」のために生きていけたらいいなと思います。
風鈴
2008/06/22 22:16
禅問答ですね。
生きていくことは「楽しみ」でしょう。
この世にある全てものが身に降りかかってきます。

善もあれば悪もあるわけだし、それを生きていく中でどう楽しむか、これが重要なんでは。

会社勤めをしていると不平不満はゴマンとあります。
言い出したらキリがないほど、色んな場面で出くわしますが、ここで自分の運命を呪ったりしてもなんもならん。

そう言う場合でもどう対処するのか、これは自分が今置かれた立場も、神が与えた試練だと思えば、なにくそと思えばいいわけだ。
負けてたまるか〜

このようにその時その時を乗り切って、やがて歳を取っていく。
振り返ってみて、やり残したことも多かろうが、全て出来るわけではない。
おもしろおかしく生きてきた人間こそが、幸せな人生といえるかも知れない。

そうなるように我々も努力するしかないなあ。
そしてそれが楽しみだと言えるような人生になりたいものだ。
風の旅人
2008/06/22 22:49
生きていくことは大事なことです
嬉しいことより辛いことのほうが多い人生
それでもしっかり今を生きることが大事だと思うのです あまり考えると眠れなくなるのでこのへんでね。
kumi
2008/06/23 00:06
とっても考えさせられたミイさんの今回の記事
実は昨日 来たのですが
コメントできず
う〜〜〜ん 
生きていくことは..
自然 て言葉しか浮かばなくって
楽しくても 苦しくても 
生きていかなきゃならないし
生きていかなきゃ って力も入ってなくて
どのような状況になっても
生きていくことが当たり前というか
ミイさん 難しいです
健康に不安があったり
希望が持てなかったり 
そんなときにも 同じように答えていたいと
思いました
まっすぐ上を向いて伸びてる
この葉っぱのようでありたいな
葉菜
2008/06/23 09:01
久しぶりです。やっと山麓に戻りました。またどうぞよろしくお願いします。
森の生活
2008/06/23 09:22
こんにちは。いつまでも鬱陶しい梅雨が続い
てますね。まだ暫くは我慢、我慢ですね、
その暁には日が当たりますよ。お仕事がら、
つくづくと読ませて戴きました。そうですね、
私の育った時代は、この世に生を受けたから
には命の続く限り、いかに育った国の為に
役に立つかだけしか考えなかったですね。
従って「生きていくって無限」と考えて
ましたね。国の為に命を捧げ、「死而後已」
の四字は「言簡而義鑑」、死して名を残す、
従っていつまでも生きていると考えたんですよ。
今頃こんなこと言う人はいないんでしょうね。
国の為になら役に立って、いつ死んでも悔いは
ないという様に教えられました。今でも頭に
こびりついてますよ。
傘寿の松
2008/06/23 10:20
こんにちは。
生きていくことは、楽しかったり、悲しかったり、苦しかったりいろいろあるから解らないや。その評価はどう出るか解らないから、今はとりあえず前向きに生きてみたい。人生が終わる死ぬ5秒前くらいに、判定して楽しかったと総評を語りたいから、やっぱり元気に前向きに生きたい。
 「はよ死にたい」とか、「お迎えがこないかな」とか、「お暇をもらいたい」というのは、年寄りのかわいい照れ隠しだと思う。本気でそんな風に思ってる人はいないから。自分にも100歳に手が届きそうなおばあちゃんがいて、そんなことテレながら言うから、「よく俺に孫の顔を見るまで死ねないわとよく言ってたね、多分まだまだ見せれないからこの先あと100年は生きなきゃならないよ、いいじゃん、アホ孫のせいでお暇もらえなくなったと言ってれば」と最近は合法的に諭してます。おばあちゃんには本当に長生きしてもらいたいから。。。

2008/06/23 18:06
誰から見ても夭折の人はたくさんいます。その人生の短さを惜しむのが人情ですが、残された人に短い人生だからこそ語りかけてくるものがあります。それこそがその人がこの世に一時現れた意味があるのでしょう。
反対に長寿の方は、長寿するがゆえの生きている意味があると思います。
赤ちゃんから成長し、向上心や競争意識、いろんな、ある意味での欲を膨らませ、その欲(業)と一緒に日々を過ごす。それがやがて、枯れるというか、その業と距離を置き、達観した境地に入った姿を見せることで、多くの人に示唆を与えてもいます。
こもれび
2008/06/23 23:45
風鈴さん
こんばんわ
>おもしろいアングルでツタを撮っていますね
ありがとうございます
規則正しく並んだ葉っぱの様子が映し出すことができたらなぁ〜なんて思いながら撮ったら、こうなりました^^;

“やらなければならないこと”と“やりたいこと”
同じ“すること”にも心がけ一つで随分と違いますよね
>日々スタートラインに立っている・・・
これってほんと誰にでも当たり前のことなんですが、その当たり前のことを忘れがちなんですよね・・・
ミイ
2008/06/24 18:33
風の旅人さん
こんばんわ
>禅問答ですね
そうそう・・・
スタッフ間でもこの歳で何で私たちこんなことで悩まされるんやろう・・・と時々どよ〜んとすることがあります^^;
生きていくことは楽しみ!!
そう言えるのが一番シアワセだと思うし、そういうふうになるように努力しなきゃいけないとも思う・・・
生きていく上で“努力”はつきものですよね^^
うちの両親に「何事も努力しなさい」と子どもの頃から言われ続けていました・・・
今も・・・?!かな???
ミイ
2008/06/24 18:41
kumiさん
こんばんわ
今を生きる!!
そうそう・・・どんなことが迫ってこようとドシっと構えて生きていかなきゃ^^
考えすぎは良くないですよね

ミイ
2008/06/24 18:44
葉菜さん
こんばんわ
当たり前に生きて、いろんな悲しみや喜びをそのまま受け入れる・・・
とっても人間らしい生き方だね^^
それにそんな人は強さとともに優しさも兼ね備えられているようにも思います
ただまっすぐ突き進む
簡単なようで難しいですね
でも前へ進むしかないんだから^^
ミイ
2008/06/24 18:48
森の生活さん
お久しぶりです
復活されてとっても嬉しいです^^
またこれからもよろしくおねがいします・・・
ミイ
2008/06/24 18:50
傘寿の松 さん
こんばんわ
今日は久々にお日様がちょっとだけ顔をのぞかしてくれましたね^^
でも蒸し暑かったですね・・・
>死して名を残す
従っていつまでも生きていると考えたんですよ
ふと・・・特攻隊を思い出しました
命の重みが今と随分違いますね
こんな恵まれた時代に生まれてきて、もっともっと生きていくことに貪欲にならなきゃ
生きられることがどんなにシアワセなのかもっと自覚しないといけませんね・・・
ミイ
2008/06/24 18:57
吉さん
こんばんわ
前向きに生きる・・・
辛いときこそ、そうやって前に突き進まなきゃね^^;
>「はよ死にたい」とか、「お迎えがこないかな」とか、「お暇をもらいたい」というのは、年寄りのかわいい照れ隠しだと思う
ほんとそうかもしれません
記事にも書きましたが、危険が迫ると自分を守る反射が出るもんね
やっぱり人間は生き抜くために生きているんですね
>おばあちゃんには本当に長生きしてもらいたいから
でもお孫さんも抱かしてあげなきゃ^^V
ミイ
2008/06/24 19:05
こもれびさん
こんばんわ
人それぞれ寿命が違うのは、そういうことなんでしょうね・・・
ワタシは多分長生きするんじゃないかと思います
(漠然とそう思うだけですがね^^;)
>その業と距離を置き、達観した境地に入った姿を見せることで、多くの人に示唆を与えてもいます
だから↑こんなみんなのお手本になるカッコイイおばあちゃんになりたいです・・・
多分ムリだろうな〜^^;

ミイ
2008/06/24 19:11
やっぱりどう言っていいのか迷ってしまって、早くコメントできませんでした。
ママンのひいじい(義父)は数え100歳で2月に亡くなったばかりで、ずっと同居で、最後の3年間ホームで過ごしました。
生きるということは切ないですね〜
まして、苦痛が伴っていると・・・。
喜びはそんなにあるものではありません。
最後は誰もわからなくなってしまうし・・・。

でも、人間って生まれてこのかた死ぬまで毎日が初めてのことばっかりなんですって・・・。
俳優の山崎務さんが、老いの哲学というコーナーでそうお話していました。
初めてのことに、いつも先入観なくたちむかう・・・
それが、生きること・・・??

ままんもよく解かりませんが、今日はどんなことがあるのかな〜〜そう思うことにしましょう〜〜♪

山形ママン
2008/06/25 08:04
山形ママンさん
こんばんわ
ママンさんのひいじいさんはおよそ一世紀を生き抜いてきたんですね・・・
それだけでもすごいよ〜
>生きるということは切ないですね〜
この言葉にめちゃくちゃ共感します・・・
この言葉の裏に、ママンさんとひいじいさんとの関わりの中でいろんな思いが込められているのが分かるし、決してネガティブな言葉じゃないってことも分かります
>今日はどんなことがあるのかな〜〜そう思うことにしましょう〜〜♪
一度きりの人生楽しんでなんぼ・・・ですからね^^
怖がっていちゃ何も始まらないしね
先入観なく立ち向かわなければ!!
ミイ
2008/06/25 22:07
そんな質問がしたくなると言うことは
ミイさん自身が周りを見渡せる
余裕が生まれたからなのかなぁ・・・
勝手に想像していました。
僕の場合はまだ「前のめりで前進あるのみ」
ですね。
はやくミイさんのように見渡せるところまで辿りつきたいです。
まだ先かな。
てんてん
2008/06/28 10:31
てんてんさん
こんばんわ
まだまだ余裕なんてありませんよ〜^^;
自分に自信がないからいろんな意見を聞きたいって思ってしまうんです
それで消化できたらいいんですが、消化しきれなくまた悩んでしまう・・・と堂々巡りになってしまうんですよ
ワタシも見渡せるところまで辿り付きたいです・・・

ミイ
2008/06/29 00:57
蔦の緑がきれいですね。天候も不順だし体調に注意しましょうね。
「生きていく」って難しいテーマですね。『色々な出来事を乗り越えていく』ことかな?
ペシャンコになる事もあるけど、いつかは立ち上がって向かって行く。んー、よくわからない。
私の母はすい臓がんで亡くなりました。最後まで「助けて」って言っていました。
告知は必要で、心の安らぎを与えてあげられたら良かったと今は後悔しています。
父はホームにお世話になっています。痴呆も進んで寝ていることが多くなりました。できるものなら一緒に暮らしてあげたかったわ。
たんぽぽ
2008/06/30 21:34
たんぽぽさん
こんばんわ
>『色々な出来事を乗り越えていく』ことかな?
結局そうなのかもしれませんね
色々なことを乗り越えながら人生の頂上に登り詰めたとき、初めてその乗り越えてきたことに充実感を抱くことが出来るのでしょうね・・・
>できるものなら一緒に暮らしてあげたかったわ
それぞれの家庭でそれぞれの事情があります・・・
一緒に暮らせなくてもそういう気持ちを持っていることが大切なんじゃないかと思います・・・

ミイ
2008/07/01 21:06

コメントする help

ニックネーム
本 文
雨の恵み Lucky bird Journey/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる